イライラしたとき、どのように自分の感情に向き合っていますか?

『本当に響く魔法の叱り方!』
という講座をさせていただいておりますが、
子育てに関わっていると、イライラの感情を消すことはできないと最近思っています。
消すことができないのであれば、
どのようにイライラの感情に向き合うかが大切だと思います。

人間は感情の生き物と言われています。
人の行動は感情(心)が動かしているという考え方です。

買い物をするときを思い浮かべてください。
感情(心)が動いていませんか?
高い買い物をする時、特にその感情がうごめいていませんか?

このバックが欲しい…
けど高い…
だけど可愛い…
けど…
最近、頑張ったから自分へのご褒美で買ちゃえ~♬

そんな心の声が聞こえてきそうですね!(笑)
(※自分への言い訳ですよ~。)

イライラも一つの感情です。
感情がうごめいている証拠です。
生きている証拠かもしれません。
相手からイライラという感情をプレゼントされたのではありません。
その感情は自分の中から湧き出てきたものだと思うのです。

欲求の感情も、イライラの感情も、湧き出てしまったものは、もとに戻すことは難しいのではないでしょうか?
温泉が湧き出るように…

感情が湧き出たとき、私はチャンスだと思います。

なぜ?なぜ?なぜ?

その感情がなぜ湧き出てきたか考えてみてはいかがでしょうか?

あの子が〇〇しなかったから…

っと、

相手のせいにするのではなく、自分軸で考えてみてください。
自分が成長するために、その感情が溢れてきたと。。。

イライラさせてもらった!

そのように感情を捉えてみてください。

すると、

「感謝」という気持ちが溢れてきませんか?
ちょっとクサイ言い方をすると、
「愛」です。

love-504537_640

相手がいるからイライラさせてもらっている!
と思えたとき、相手は私をイライラさせるために、巡り合ったのかもしれません。
「許す」という捉え方をした方が分かりやすい方もいるかもしれません。

そこに気づけるかどうかは、人によって違うと思います。
スグには気づくことができないかもしれませんが、、、
気づくことができたとき、「ありがとう」という感謝の感情が溢れてくることを感じてみてください。

「愛」の温かい気持ちに包み込まれます。

イライラはあなたを成長させる栄養ドリンクかもしれませんね♬

食べ物は、体に良いものほど苦いものです。。。

*最近は苦くない青汁も販売されているようですが…(笑)



パパママちかっぱ応援団は、顔晴るお母さん・お父さんを応援します。

 ☜クリックしてね♬(^.^)/
育児・アドバイザー ブログランキングへ