※こちらを聴きながらお読みください!!



2020年に東京オリンピックが開催されます。

戦後、1964年の東京オリンピックは、物質的な豊かさを求めての開催でした。

では、

2020年の東京オリンピックに、

あなたは何を求めていくのでしょうか?

東京オリンピック


日本は、世界的にも類を見ない超少子高齢化の時代に入ろうとしています。

NHKの番組でも、「老後破産」「子どもの貧困」が報道されています。

危機感を持っている表れだと思っています。


超少子高齢化は、ピンチでもありますが、チャンスでもあります。

「世界的に類を見ない」ということは、日本が世界へ向けて発信するチャンスだと思っています。

東京オリンピック(パラリンピック)では、新しいテクノロジー(介護ロボットなど)が発信されるでしょう。
もしかしたら、聖火ランナーがロボットだったりするかもしれません。
新しい時代の始まりです。

ただ、

忘れてはいけないことがあります。


それは、


ロボットには無い『心』です。

「物の豊かさから心の豊かさへ!」

自分が中学校3年生の時に、これからは「物の豊かさから心の豊かさになる!」
高校行って、大学行って、良い会社入って、それが何になるん?
そんな人生歩むなら高校に行かへんわ!
っと、親や学校の先生を困らせたことを思い出します。
(結局、大学を出て、銀行に入ったんですけどね…笑)


東京オリンピック誘致の際、滝川クリステルさんがおっしゃていた

「お・も・て・な・し」

最後に手をパッと開いたしぐさには、花が開くという意味が込められていたそうですね。
おもてなし
感謝という種を花咲かせる…。

「物の豊かさから心の豊かさへ!」と言っていますが、新しいことをする必要はないと思っています。
日本人が本来持っている…?持っていた?心を取り戻す!
と表現した方がいいかもしれません。


「持っていた心を取り戻す!」

そのために、昨年パパママちかっぱ応援団を立ち上げました。

そのパパママちかっぱ応援団が主催となり、

2015年1月18日(日)
感謝の種を皆さんにプレゼントできる機会をいただきました。


≪ミネハハミニコンサート~産まれてきてくれてありがとう~≫

数に限りがあるのは残念ですが…。


これからの子どもたちのために…


これからのあなたのために…


感謝の種を受け取ってください。


そして、


花を咲かせてください!



詳細はコチラをご覧ください➔ミネハハミニコンサートin大野城

最後までお読みいただき、
「ありがとうございます。」


~子どもたちに伝えていきたいものがある。~
『和魂笑才』


ほなほな。(^.^)

パパママちかっぱ応援団は、顔晴るお母さん・お父さんを応援します。

 ☜クリックしてね♬(^.^)/
育児・アドバイザー ブログランキングへ