毎日のように小児科の中にあるNICUに通わせていただき感じることがあります。

PB091020

それは、これからを生きようとしている未熟児の赤ちゃんを、一生懸命に支えている看護師さん達の働きです。

感謝・感謝の毎日です。

絶対に間違うことができない状況で、常に冷静に淡々とお仕事をされています。
確認作業を怠らず、ミスをしないように最新の注意をされています。
当り前と言えば当たり前なのですが…。
様々なプレッシャーがあると思います。

けれど、面会に来る親たちに、プレッシャーを悟られないように顔晴っている姿に心を打たれます。
未熟児を出産したお母さん・お父さんたちを安心させるためだということが伝わってきます。

PA220508

保育器に入っていることで、赤ちゃんとの距離感が芽生え、親としての自覚が薄くならないように、○○ちゃんのお母さん・お父さんと呼んでいるような気がしています。

これから親になろうとしている私たちに寄り添っていてくれています。

「寄り添う。」

この言葉は、人を育てるうえで重要なことだと教えていただいている気がします。

子どもに対しても…。

部下に対しても…。

本当に素敵な職業だと思いました。

色々なことを勉強させてもらえるのも、未熟児で産まれてきた息子のおかげです。

ありがとう。

早く大きくなるんやで!

パパママちかっぱ応援団は、顔晴るお母さん・お父さんを応援します。

 ☜クリックしてね♬(^.^)/
育児・アドバイザー ブログランキングへ