赤ちゃんの微笑みは、何であんなに愛おしいのでしょうかね…。

長男が1,425gで生まれ、最近2,000gを超えました。
ようやく保育器からも出て、すくすく大きくなっています。
最近では、抱っこするとニコッと微笑んでくれます。
正確には微笑んでいるように見えます。

赤ちゃんの笑顔は、顔が引きつっているだけと言われているようですが、親からすると笑っているようにしか見えないですよね♬

赤ちゃんの立場からすると、顔を引きつらせると、周りの大人が笑ってくれるので、顔の筋肉を引きつらせると周りが喜んでくれるんだ!と認識し、笑顔を学ぶそうです。
ある意味、笑顔最初に親が教える事なのかもしれませんね。
最近、笑わない子が増えているということを聞くと、考え深いものがあります。
PC061622

赤ちゃんを見ていると、私自身も愛おしい存在で産まれてきたのだと思うこともできます。
母親は?父親は?
どのような感情で自分を抱っこしていたのかな?
想像するだけで、胸が締め付けられます。
「ありがとう」と…。

今、「愛おしい」という感情を赤ちゃんの微笑みから味わっています。

長女のときは、産まれて1週間後、家にやってきてくれました。
今回、長男はもうすぐ病院生活が2か月になります。
早く家族4人で生活したいです。
日に日に、一緒に暮らしたい!という気持ちが膨らんでいます。
街で赤ちゃんを見ると、愛おしい気持ちでいっぱいになります。
ママが一人でベビーカーを押している姿を見るとなおさらです。

夜中、パートナーは病院にいる息子のために母乳を絞っています。
寒い部屋の中ひとり…。
私はというと…。
寝ています…。
父親の無力感を感じさせられます。
母親の存在を改めて感じさせてくれます。

だからこそ、父親が寄り添うことが大切だと実感させられます。

一生懸命育児にガンバっているママ・パパを応援したい!!
応援し合いたい!!
そんな仲間を作りたい!!

パパママちかっぱ応援団を創立したときの想いが倍増していっています。
未来の子どもたちのために!
未来の日本のために!
そして、ひとりひとりの人生のために!
「愛おしい」存在で産まれてきたあなたのために!

『パパママちかっぱ応援団』
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/chikappaoen

※想いが届けば嬉しいです
「産まれてきてくれてありがとう。」 (歌手:ミネハハ)


パパママちかっぱ応援団は、顔晴るお母さん・お父さんを応援します。

 ☜クリックしてね♬(^.^)/
育児・アドバイザー ブログランキングへ